yukina

記事一覧(15)

浸透しにくくなった乾燥肌ももっちもちに!オールインワン「もっちりジェル」

涼しくなると同時に、喉が痛くなったり、目が乾きを感じたりして、からりとした過ごしやすい気候な一方、空気の乾燥を感じる今日この頃。しっかりスキンケアをしたはずなのに、夕方以降になると肌表面がサラサラとしてきて、メイクを直そうと鏡で肌を間近で見ると、頬に細かい横ジワがうっすら……キメが横に流れるように乱れているのは、肌の乾燥サイン。水分が失われると肌のハリも衰え、シワ・たるみの原因にも繋がるやすくなってしまいます。あらゆる肌悩みの深刻化をなるべく避けるためには、やはり基本であるしっかりと濃密保湿で肌を守ることが必要不可欠!また、様々なスキンケアアイテムを組み合わせて使ったり、高機能な高級スキンケアを使っているはずなのに、なぜか全然肌の乾燥に変化なしと、悔やんでいる方もいるのでは?季節の変わり目は、乾燥やアレルギー物質などの刺激などから守るため、肌のバリア機能により、角質が厚くなりがち。すると、肌のターンオーバーがスムーズに行われにくくなり、夏に受けた紫外線ダメージも改善しにくい状態に。そして肌がごわつくことで、化粧品の浸透も悪くなり、せっかくのスキンケア効果も実感しにくくなってしまうのです。できるだけ肌に摩擦や刺激を与えず、肌に補いたいものをしっかりと届けたい、揺らいだ秋の肌のスキンケア。やはり、活躍するのがオールインワン!保湿やエイジングケアに特化したオールインワンスキンケアは多くありますが、肌の表面は潤っているように感じるけれど、実際ちゃんと肌の隅々まで保湿できているのか?そんなギモンにも、安心して期待できるのが、もっちりジェル

しみしわ対策に万能!なオールインワンゲル「珠肌ランシェル」

すっかり涼しくなり、雨が降ったりカラリとした秋晴れの日もあったり……と、「女心と秋の空」というような季節に。夏の疲れも出てくる頃で、鏡を見るとしみやくすみ、毛穴の開きや小じわが、いつもより気になる気がする……!さらに最近、生活環境の変化やイベントなども続いていたこともあり、スキンケアがおざなりになりがちになっていた今日この頃。 そんな時に便利なのが、「オールインワン」タイプのスキンケアアイテム。あらゆるメーカーから、様々なオールインワンスキンケアが販売されていますが、「どれを、どのように選んだら良いのかわからない」という方は、多いはず。そこで注目すべきポイントが、 「形状」と「成分」。形状は、ゲルタイプやクリームタイプ、エッセンスタイプなど、自分の肌質やテクスチャーの好みで選ぶとベター。そして、成分。
ひとつのアイテムでスキンケアを完結するのだから、ひとつで求める効果や期待でき、肌悩みを解消できるような成分が配合されたものを選ぶようにするのが◎。 私が最近使い始めたのが、この時期の肌トラブルとして現れやすい「しみしわ」など、気になる肌の悩みに着目した「卵殻膜」の成分が配合されたオールインワンゲル。