yukina

記事一覧(20)

30代の肌に!美容のプロ注目の最先端美容成分『卵殻膜』配合スキンケア

夏は、一年のうちでも最も肌ダメージを受けやすい季節。紫外線やエアコンによる気温・湿度差などによるトラブルをケアするために、美白や保湿、エイジングケアなど、あらゆるスキンケアの必要性を実感するこの時期。最新のものから、ずっと昔から取り入れられてきたものまで、さまざまな美容成分がありますが、以前から気になっていたのが、『卵殻膜』の美肌・健康効果について。 卵殻膜といえば、その名のとおり卵の殻の内側にある薄い膜のことなのですが、昔からコレを肌に貼ると肌ダメージのケアが期待できる……とか、家にあるものでできるスキンケアとして、試したことがある人もいるはず。なぜ気になっているかというと、古くから傷などの回復のために民間で親しまれてきたものでありながら、最近、次世代美容成分として、美容のプロ達の間で、最先端の美容成分としてじわじわと注目されているから。透明感やハリを与えるアミノ酸やヒアルロン酸、コラーゲンなどの他、年齢を重ねるごとに気になる“ハリ”に重要な『Ⅲ型コラーゲン』。Ⅲ型コラーゲンは、残念ながら年齢と共に減少する性質のため食事やサプリでは補えず、 その働きを助ける成分として注目されているのが、卵殻膜なのです。コラーゲン自体、肌の真皮層といわれる深部に存在するため、このⅢ型コラーゲンを効率良く肌へ働きかけるために、有効的な化粧品をつくるのは意外と難しいもの。そこで通販化粧品としてロングセラー人気の卵殻膜化粧品を販売しているオージオさんの『ビューティーオープナー』に注目!

浸透しにくくなった乾燥肌ももっちもちに!オールインワン「もっちりジェル」

涼しくなると同時に、喉が痛くなったり、目が乾きを感じたりして、からりとした過ごしやすい気候な一方、空気の乾燥を感じる今日この頃。しっかりスキンケアをしたはずなのに、夕方以降になると肌表面がサラサラとしてきて、メイクを直そうと鏡で肌を間近で見ると、頬に細かい横ジワがうっすら……キメが横に流れるように乱れているのは、肌の乾燥サイン。水分が失われると肌のハリも衰え、シワ・たるみの原因にも繋がるやすくなってしまいます。あらゆる肌悩みの深刻化をなるべく避けるためには、やはり基本であるしっかりと濃密保湿で肌を守ることが必要不可欠!また、様々なスキンケアアイテムを組み合わせて使ったり、高機能な高級スキンケアを使っているはずなのに、なぜか全然肌の乾燥に変化なしと、悔やんでいる方もいるのでは?季節の変わり目は、乾燥やアレルギー物質などの刺激などから守るため、肌のバリア機能により、角質が厚くなりがち。すると、肌のターンオーバーがスムーズに行われにくくなり、夏に受けた紫外線ダメージも改善しにくい状態に。そして肌がごわつくことで、化粧品の浸透も悪くなり、せっかくのスキンケア効果も実感しにくくなってしまうのです。できるだけ肌に摩擦や刺激を与えず、肌に補いたいものをしっかりと届けたい、揺らいだ秋の肌のスキンケア。やはり、活躍するのがオールインワン!保湿やエイジングケアに特化したオールインワンスキンケアは多くありますが、肌の表面は潤っているように感じるけれど、実際ちゃんと肌の隅々まで保湿できているのか?そんなギモンにも、安心して期待できるのが、もっちりジェル